「郷に入っては郷に従う」では絶対ダメ。
足りないものを吸収しようという社風があるから、
常に新しいことを提案できる。

マーケティング部 

土屋 芳也

マーケティング部 

土屋 芳也

※役職はインタビュー時のものです

インターネット広告代理店のSEMコンサルタントを経て、トイレタリー/美容業界のデジタルマーケティング部門にて広告戦略立案から、ダイレクトマーケティング・ブランド醸成プロジェクト、データ×アドテクノロジーを駆使したCRMを手掛ける。

いつも考えてますね、
何か面白い企画ができないかなあと。

ー 土屋さんの日々のお仕事は?

マーケティング部のミッションは、お客さんとどうコミュニケーションをして、会社を好きになってもらって、物を買ってもらうか。今は全ての事業のマーケティングをマーケティング部が行っていますが、その中で僕はデジタルマーケティングやマスマーケティングを担当しています。入社当時はフロントに出て何でもやっていましたが、今は人数も増え、メンバーを育てるのも僕のミッションです。日々のルーティン業務はほぼなく、考える仕事が多いですね。いつも考えてますね、何か面白い企画ができないかなあと。

ー 入社した理由は?

僕はもともとネット広告の代理店にいましたが、プロモーションのお手伝いをするだけでなく、本当にこの商品が売れるのか、そこから携わりたくて事業会社に転職しました。前職は美容系の大手企業で、若い女性向けのマーケティングを担当していたのですが、年齢・性別を問わないサービスって何だろうと考えたときに、健康とかなのかなと。今は幅広い層に向けたサービスを、しかもサービス開発から携われることが面白いですね。

「郷に入っては郷に従う」では絶対ダメ

ー 24/7の社風は?

足りないものはどんどん吸収してこうという風土は、入社当初も今も変わらずあります。だから、新しいことを提案しやすいですね。社長やメンバーとぶつかったりすることもあるんですけど、「郷に入っては郷に従う」では絶対ダメ。特に、TVCMをやろうと提案した時なんかはかなり議論しました。でも結果として責任者として任せてもらっている。「今うまくいってるからいいじゃん」では絶対ダメです。常に改善することを考えています。
良い意味で固定概念がないので、常に新しいことを考えたいという人には最高の会社だと思います。一言で言うと、チャレンジできることが魅力!

募集要項 / エントリー Entry