やりたいことができるといった、個々の裁量権の大きさが
当社の成長、社員の成長を支えている

経営管理本部 財務経理部 

植木 健太

経営管理本部 財務経理部 

植木 健太

※役職はインタビュー時のものです

2015年10月に当社財務経理部に入社。現在シニアマネージャーとして財務経理部を統括。 大手監査法人にて経験後、人材系ベンチャー企業で事業部立ち上げに伴うバックオフィス全般を経験。 休日はスパやサウナ、マッサージでリフレッシュしている。

一緒に会社を大きくしていきたい

ー 現在のお仕事は?

財務経理部として、月次決算や予実分析、M&Aの業務も担当しています。IPOの準備責任者としての業務もあり、幅広いです。元々入社した時は、バックオフィス(管理部門)の立ち上げと上場準備がミッションでした。まだ全く整っていない状態でカオスでしたが、元々ストレスは感じない方なので、大変だと感じたことはないですね。

監査法人で働いていた時から当社とお付き合いがあり、社長のことも知っていました。最初に社長と会った時はビーサン短パンで、「本当にこの人が社長なのかな」と。(笑)でも、話を聞くうちに将来性を感じて、一緒に会社を大きくしていきたいと思い入社しました。

ー 意識していることは?

僕は今シニアマネージャーなんですが、チームワークは意識していますね。僕のチームでは、会社の理念から細かくブレークダウンして、個人の目標を立てています。当たり前のことかもしれませんが、個々が立っていたこれまでの社風から、人数が増えてきて、チームで仕事をする社風に変えるフェーズに来ていると感じています。

新しいことをできるチャンスが多いところが魅力

ー 今後の目標を教えてください

これからサービスや部署、子会社も増えていくと思います。僕の理想は、事業部ごとに管理部門の機能を持つような組織にしたいと思っていて、そうするとどんどんポジションが増えていくんですよね。新しいことをできるチャンスが多いところが魅力だと思いますね。だからこそ、視野を広く持って、主体的に自分からどんどん提案できるような方に是非入社していただきたいです。

ー 会社の魅力は?

当社では、よいことはどんどん業務に反映していける自由度、主体性をもって業務に取り組めるフィールドがあります。それは、合理的に説明することができれば、各々が自分の思った通りに、やりたいことができるといった、個々の裁量権が大きいからです。それが当社の成長、社員の成長を支えています。 監査法人にいるときは、他の知らない人というか、自分とは関係ない会社をみていたのですが、今はしたいように動けるので、その責任感というか、主体性をもって行動できるというのが一番楽しいところですね。

転職して良かったなというか、いいことしかないのですが、悪いことはその分、責任を持たなくてはいけないよねということなのですが、ほとんどは合理的に説明ができれば、自分の思った通りにできるし、自分のやりたいことができるというのがいちばんいいところですかね。
悪く言うと放任。よくいうと裁量権。裁量権はすごくありますね。

募集要項 / エントリー Entry