受け身で仕事をしていると、おいていかれる。
常に自分が何をやるべきか、何が必要ないのか、取捨選択は常に必要。

パーソナルトレーニング事業部 店舗マネジメント部 

﨑山 広

パーソナルトレーニング事業部 店舗マネジメント部 

﨑山 広

※役職はインタビュー時のものです

2016年春頃、パーソナルトレーナーとして採用される。
その後、本社パーソナルトレーニング事業部 店舗マネジメント部に配属される。教育企画部の立ち上げを行い、店舗の数字管理やトレーナーの教育研修などに携わる。
大学卒業後、人材派遣会社の営業を経験しており、ゴルフ、映画観賞など多趣味。

上司にも思ったことを伝えやすい環境はすごくありますね。

ー パーソナルトレーニング事業部ってどんな環境ですか?

1年前に入社した時は、色々な業務が整理されてない状態でした。誰が何をするかも定まっていないし、カオスでした(笑)それを整理してきたわけですが、それほどのスピードで成長しているのはすごいことですよね。その過程で、「これをもっとこうした方がいいんじゃないか」というのが出てくるわけですが、上司にも事業部長にも思ったことを伝えやすい環境はすごくありますね。言ったことがすぐに反映される。だから、入社する方も、自分の意見をはっきり言える方が向いていると思います。あとは当たり前ですが、明るい社員が多いので、元気に挨拶ができる方が良いですね!

ー 崎山さんが今後やっていきたいことは?

店舗と関わることが多いので、大体現場のトレーナーを知っているんです。今は本社にいることが多いですが、もっと店舗周りなどを増やして現場との関わりを増やしたいです。店長や統括店長に言えないような悩みを聞いて、数値の管理だけでなく、マインド面のフォローもできたらいいなと思っています。

世界中の人々から必要とされる企業をつくる

ー 会社の魅力は?

成長の速度が速いというのもありますし、いったことを飲み込んで吸収してそれをすぐ実践するということもすごく行われているのかなと思うので、やはりいったことがそれだけ反映されてくるとやりがいもこちらとしてはすごく高くなるので、そういった意味でもこちらとしてはやっていてすごく楽しいなという気持ちはすごくありますね。

会社自体の考え方としては、世界中の人々から必要とされる企業をつくる。これは漠然とはしているのですが、ずごい難しいミッションになるかなと思うのですね。全人類を人類史上最高の身体に導くといったジムの理念もありますし、ただそれを提供することができると会社は常に必要とされますよというところで、実際にジムはどんどん大きくなってお客様もどんどん増えてきている。それだけ会社が必要とされているんだなということは実感しますし、今後もその面でいえば、もっと大きく広がっていけるのではないかなと思いますね。スピードというところも、社長が常々意識されていますけれども、やはりそれはすごく早いなと感じます。なので、本当に受け身で仕事をしていると、やはりおいていかれてしまいますし、常に自分が何をやるべきか、何をした方がいいのか、逆に何が必要ないのか、そういったところの取捨選択は常に必要なのかなと思います。

募集要項 / エントリー Entry